なべて余はこともなし

昨夜、私は4キロ半のマシュマロを食べる夢を見たのだが、目を覚ましたら、枕がなかった。(トミー・クーパー)

野球

終りに・・・いや、始めにイチローありき

韓国メディアは戦争という言葉を使ったと聞く。確かに、それは野球という名の戦争だった。かくも壮絶な戦いは滅多にあるものではない。9回、不調の藤川に代わって抑えに回ったダルビッシュが重圧に押し潰された。負けたと思った。延長戦は後攻めの方が心理…

山井に代えて、ピッチャー岩瀬

8回裏の攻撃が終わった。1対0で中日のリード。球場は割れんばかりの山井コールに包まれる。完全試合まで、あとアウト3つ。達成すればシリーズ初の快挙だ。しかし、監督は腰を上げた。どれほど好投していても、たった一球で試合の流れは大きく変わる。現…

Dice-K Matsuzakaと言うおのこ

午前3時。眠い目をこすりながら、テレビのスイッチを入れる。ミズーリ州カンザスシティ、カウフマン・スタジアムが映し出される。そのマウンドに、いつもと変わらぬ表情の松坂大輔が立っている。 異国の猛者どもに舐められないようにとの配慮からか、少し髭…

エースは必ず復讐する

札幌ドーム。エースはゆったりと、力を抜いて立ち上がった。 中4日の登板は6年振りだ。前の試合では、西武の松坂大輔と最後まで投げ合った。どちらが先に音を上げるか、ひたすら精神力の強さのみが試されるかのような投手戦。男は相手以上の好投を見せる。…

エースは帽子のひさしを気にしていた

早稲田実業のエースがこの日投じた118球目は144キロの外角直球だった。駒苫の強打者にして最大のライバル投手のバットは空を切った。 決勝再試合の末、早実が悲願の初優勝。駒大苫小牧の3連覇はならなかった。 前日、駒苫の田中将大投手と繰り広げた…

WBC、王JAPAN世界一に!

日本時間3月21日11:00、カリフォルニア州サンディエゴ、ペトコ・パーク。劇的な、あまりにも劇的なWBC・決勝戦が始まった。 キューバの先発投手の自滅で日本が4点を先制、試合の主導権を握る。松坂もその裏、先頭打者に本塁打を許す。球も荒れ気…

古田敦也は、男の中の男である。

プロ野球はじめスポーツを精神論で語る向きは多い。例えば、一進一退の攻防を繰り広げている試合の結果を予想して、「最後はより強く勝ちたいと思った方に、精神力で勝った方に勝利の女神は微笑むでしょう」というような評論家の物言い。こういう言い草に首…